· 

国会議員歳費って・・・税金を「死に金」にするな!

 

時間をかけずにキレイになる!

 

時間を有効活用したいかたの味方、ホワイトラボ の白石です。

 

さてテドロス・チャイナコロナが猛威をふるい

 

補償などが行われない中で

 

『国会議員の歳費2割カット』

 

というニュースがありました。

 

私は歳費というのが何か分からなかったので調べてみると、歳費というのは

 

『国会議員の報酬』

 

のことをさすそうです。

 

 

 

政治屋なんて誰がなっても自分のことしか考えてない政治屋になる人間がほとんど

 

と思っているので、政治にはあまり興味ないのですが、

 

「高い、もらい過ぎ!」と言われる国会議員の報酬などについてついでに調べてみると、

 

本当にとんでもない額もらってるんですね・・・

 

さらにそれが法律の第一条に定められているではありませんか・・・

 

「なにこの法律!?」と開いた口が塞がりません・・・!笑

 

『第1条 各議員の議長は217万円を、副議長は158万4千円を、議員は129万4千円を、それぞれ歳費月額として受ける。』

 

 

初めて知りましたこんな法律・・・。無知をさらけ出して恥ずかしい限りですが・・・。

 

月額こんなもらってるなんて・・・

 

あんな寝たりしてる奴らにこんな税金払ってるとは・・・

 

馬鹿らしくなります。

 

さらにこんなもんではなく、

 

『期末手当』

 

というボーナスもあり、

 

「令和元年6月、12月期の期末手当を国家公務員に支給-内閣官房」

 

という資料によるとなんと

 

『6月・12月合わせて 約638万円』

 

も支給されています。つまりこの「月額歳費+期末手当」だけで

 

『年間合計:約2190万円』

 

も支給されています。

 

さらにさらに

 

・文書通信交通滞在費:月額100万円(年間1200万円)

 

・立法事務費:月額65万円(780万円)

 

・役員や委員長などの役職者:日額6千円(年額:144万円)← (月20日・12ヶ月 として勝手に計算)

 

・無料のJR乗車券・航空券

 

も漏れなくついてきます。

 

一般的な国会議員の年間収入は

 

『約4170万円』

 

です。何やってるかわからんやつ多いのにこの給料・・・

 

そりゃ不祥事あった議員もなんとか続けたいはずですよね。

 

ウワサの喉元過ぎれば、年間このお金が約束されてるようなもんですから。

 

『政治屋の数を半分以下にできないなら、国民が議員クビにできる法律』

 

も作って欲しいものです。

 

話を戻して歳費の2割カット。1年続いても、約310万円カットするだけ

 

国会議員のもらえる額は、

 

『4170万円 ー 310万円 = 3860万円』

 

市民感覚なくて当然ですよね・・・(><;)

 

 

 

 

完全にグチになってしまい申し訳ございません。

 

あんな役に立たない政治屋どもにこんな無駄金使ってると思うと腹がたちすぎて・・・

 

死に金が多すぎる。

 

今すぐ議員減らしてこれらの資金を、コロナを打開するワクチン研究などに費やすべき!!